今井運送

Recruiting site
STAFF INTERVIEW
VOLUME.02
STAFF INTERVIEW
VOLUME.02
KURODA KOTARO
黒田 幸太郎
ドライバー
2015年 中途入社
組織の中で
安定感を持って働ける
専属ドライバー
入社のきっかけと現在の仕事内容を教えてください。
大型免許取得でドライバーへ転身
今井運送に入社する前は、お客様の自宅や企業様への荷物の配達・集荷を行うセールスドライバーとして働いていました。いつか大型トラックに乗りたいと漠然と思っていましたが、情報誌で今井運送の求人募集を目にしたことで、トラックドライバーへの転職に舵をきりました。一念発起して大型自動車免許を取得し、かねてより希望していた今井運送に就職。現在は、大型ウイング車に乗って、ドラム缶を輸送する専属ドライバーとして大阪から山口まで、毎日走っています。
大きな車でゆったり仕事したい、いつか大型トラックに乗りたい、そんな漠然とした夢が仕事になるとは思いもしなかったです。
入社後の印象はいかがでしょうか?
多様な車種と積荷の
スケールに驚き!
まず、大型トラックでの仕事というものがわかっていなかったので、入社当時は多種多様な車種、積荷、その大きさなど、見るもの全てに驚いていました。今井運送では、鋼材輸送の仕事が多いので、ビルの支柱や鉄骨など荷物のスケールが大きいと感じました。
ドラム缶を輸送する専属ドライバーは私を含め6名いて、それぞれが現場を行ったり来たりしています。基本、一人で仕事をすることが多いです。長時間運転するので、安全に荷物を運ぶためにも、適度に休憩を挟みながら、車中ではラジオを流すなど、気分転換も欠かせません。
今井運送で働くメリットを教えてください
専属ドライバーならではの安定感
今井運送では、中型、大型、ユニック、トレーラーなど様々な車種があります。そして、それを乗りこなすドライバーの働き方も様々です。
私の場合、特定の荷主会社の専属ドライバーとして、ドラム缶を運ぶ仕事がメイン。輸送先エリアも決まっているので、比較的スムーズにルートを覚え、業務内容に慣れるのも早いのではないかと感じています。
仕事中は同じ体勢でいることが多いので、休日は、できるだけ体を動かし、平日でも自宅でストレッチなどをするように心がけています。シーズン中は、小学校から続けているスノーボードや社会人になって始めたサーフィン三昧です。基本土日が休みなので、オンオフのメリハリをつけて働けるのが良いですね。
今後のビジョンは?
長く、腰を据えて働き続けること
今井運送の大型トラックドライバーとして、これからも長く、腰を据えて働き続けたいと思います。そのためには、まず健康管理が一番でしょうか。運転に集中すると食事の時間も不規則になりがち。長時間運転とはいえ、規則正しく過ごせるよう時間管理に気をつけています。そして、大型トラックにはベッドもついているので、キャンプに行くように寝袋を積んで、仮眠を十分にとるようにしています。夏には涼感寝具を持ち込んだり、こまめに換気したり、季節ごとにいろいろな工夫をしています。ドライバーは車中で過ごす時間が多いので、トラックは自分の部屋のような感覚。快適な空間で過ごせるよう、車内・車外共にメンテナンスも怠りません。
就活中の皆様へメッセージ
中型、大型、トレーラーなど
幅広く活躍できる
皆さんに伝えたいのは、ドライバーの仕事は、荷物を載せて走るだけではないのだということ。運転するトラックのことや運ぶ荷物のことも理解しておかねばならないし、荷物を降ろした先には人がいて、様々な仕事があります。ドライバーの仕事は社会の経済を支えるものだと私は思っています。
自分の力量次第で、中型、大型、トレーラーなど幅広く活躍できるのがトラックドライバーの世界。今井運送には、ベテラン社員が多く、常にいろいろなことを学べるので、気になる方はぜひお問い合わせください。