今井運送

Recruiting site
STAFF INTERVIEW
VOLUME.01
STAFF INTERVIEW
VOLUME.01
ONAKA TOMOHIRO
大中 智弘
総合職
2016年 新卒
様々な部署を経験し
幅広く業務に携わりながら
今井運送の活性化に貢献
入社のきっかけと現在の仕事内容を教えてください。
総合職として幅広い業務に携わる
大学を卒業後、レンタカー会社でのアルバイトを経て、第2新卒で今井運送に入社しました。総合職として入社したため、廿日市の本社で業務管理の仕事をした後、3年前に五日市の倉庫に異動、現在は倉庫事業部の倉庫管理課で働いています。
五日市の倉庫は、私が入社した年に出来た比較的新しい施設です。倉庫管理の仕事は、売上や在庫管理の他にも、実際に作業員の方と一緒に、トラックに荷物を積んだり降ろしたり、体を動かす仕事もたくさん。運送業界のことは何も知らずに入社したので、まだまだ勉強が必要だなと感じています。
入社後の印象はいかがでしょうか?
入社後数年は資格取得ラッシュ!
運送業界での仕事は、専門知識や技術が必要な業務がたくさんあり、今後幅広く業務をこなしていくためには資格取得が必須だなと思いました。
総合職なので、いろいろな部署を経験することも想定していましたので、入社後2〜3年はハイペースで資格取得にチャレンジしていきましたね。
本社の業務管理課にいた頃に中型免許と運行管理者を、五日市の倉庫管理課に異動してからは、天井クレーンやフォークリフト、玉掛け、作業主任者の資格を取得しました。仕事をしながらの勉強はなかなか大変でしたが、一つずつできることを増やしたからこそ、管理の仕事だけでなく、倉庫内で皆さんと一緒に作業することができます。
今井運送で働くメリットを教えてください
職種に関係なく学べる環境がある
今井運送なら、職種に関係なく学べる環境があることです。私は、まさか総合職で中型免許やフォークリフトなどの資格をとるとは入社前は思ってもみなかったです。ですが、考えてみれば、現場の作業を知らないで、管理業務が務まるわけがないですよね。実際に、五日市に異動して1〜2年は、倉庫内で荷物を積んだり降ろしたり、移動させたり、といった倉庫内での作業に従事していました。
これまで荷物を落としてお客様の荷物をダメにした失敗もあります。そんな失敗の経験も、出荷や遅延、破損などのミスをいかに防ぎ、サービスの品質を保つためのヒントになっている、と前向きに捉えて業務に取り組んでいます。
今後のビジョンは?
与えられた環境で今井運送の活性化に貢献
入社して5年で主任を務めさせていただいています。まだまだ部署の異動もあるとは思います。その都度与えられた環境で自分ができることを模索しながら、今井運送の活性化に貢献していきたいと考えています。
倉庫管理業務の中には、売上や在庫管理だけでなく、人の作業配置も考え、効率をあげていかなくてはなりません。皆さんとコミュニケーションをはかりながら、より良い環境を作っていくのが今も目標です。
プライベートでは、体力のいる仕事でもあるので休日は充分な休息を心がけています。夫婦でゆったりと過ごしつつ、最近はビジネス書などにも目を通すようにしています。
就活中の皆様へメッセージ
成長できるかは、やる気次第
運送業界の総合職というのは、珍しいのではないかと思っています。それだけに、資格を取得し自ら積極的に知識をつけて業務に取りくむと仕事の幅がグンと広がります。自分が成長できるかはやる気次第だと思います。
運送業界といえばトラックドライバー!ですが、総合職として会社の業務を支え、会社の活性化に貢献していく仕事に私はやりがいを感じています。